過去の質問から探す


広告の賃料の値下げはできますか?
物件により異なりますが、長期間空室の物件や条件のよくない物件は交渉できる場合がありますが、一般に賃料の10%以上の交渉は無理と考えた方がいいでしょう。


敷金と保証金の違いは?
どちらも貸主への預入金で、家賃滞納や退出時の原状回復の費用になります。一般住宅は「敷金」、大型事務所などは「保証金」です。厳密に言えば、法律上の扱いに違いがあるのですが、現在ではあまり区別せず使われています。
保証金の場合解約時に償却があり、貸主への礼金代わりになっています。


部屋を借りるときには、まずどのくらい必要ですか?
敷金、礼金、仲介手数料、前家賃等で、最初に家賃の6ヶ月分程度が必要になります。


免許番号で会社の内容がわかるのですか?
宅地建物取引業免許の(1)や(2)といったカッコ書きの番号は、免許の更新回数を表しますので、営業期間がわかります。平成8年までは3年に1回の更新、平成9年以降は5年毎の更新となってますので、(1)は新規〜3年未満、(2)は3年以上6年未満の会社となります。現在は(12)が最高です。
しかし、この番号は営業期間がわかるだけで会社の良し悪しまではわかりません。


申込みや契約をせかす会社(営業担当者)はよくないのですか?
個々の物件により状況は異なるので、一概には言えません。実際、とても人気のある物件には入居希望者が殺到し、どうしようかと考えている間に、他に決まってしまうようなことはよくあります。
ただし、どんな物件でも毎回同じようにせかす会社(営業担当者)には注意した方がいいでしょう。


大手不動産会社と地元の不動産会社では、どちらがいいのですか?
会社全体が取り扱う物件数量は、言うまでもなく大手不動産会社の方が多くなりますが、小さな街の不動産会社には独自の未公開物件があったりするので、一概にどちらがいいとは言えません。幅広い地域で探しているのか、地域を絞って探しているのかなど、どのような物件情報が欲しいのかによって変わってきます。
地域を限定して探している人は、地元の不動産会社の方が有利です。


複数の業者に同じ物件があるのはなぜですか?
貸主が同時に何件もの不動産会社に依頼していたり、不動産会社間のネットワークを通じて情報交換をしていたり、提携等の協力をしているためです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]